やってきましたローソンお試し引換券「祭」!!!
500mlのビールが50ポイント(=50円)で買えちゃうと言う酒カス大歓喜のイベントでございます。

で、人気商品が速攻なくなるのはローソンお試し引換券あるあるでして、当然酒類も大人気商品のためモノによっては即蒸発します。

ローソンお試し引換券祭には数種類のおビールがあるんですが、「何が」「いつどのタイミングで」無くなるのか、前回の祭でメモってみたので共有します。ビールをゲットする際のポイントもまとめてみるので良かったら参考にして下さい。

お試し引換券祭でビールが無くなるタイミング一覧

早速一覧表 \ドン!/

1日目18時ヱビス(500ml)
1日目19時黒ラベル(500ml)
1日目20時プレモル(500ml)
1日目20時ヱビス(350ml)
1日目22時黒ラベル(350ml)
2日目朝(※)プレモル(350ml)
2日目17時オリオン
2日目20時バドワイザー

※1日目25時時点で「残りわずか」表示

はい、とっても分かりやすくてあからさまな感じですね。
まずヱビス→黒ラベル→プレモルと3大ビールが無くなり、そのあとにオリオン→バドワイザーが無くなります。

ちなみに、値段的にはプレモル>ヱビス>黒ラベルの順に高いので、なんで人気があって値段も高いプレモルが一番最後まで残ってるの?と思うかもしれませんが、単純にプレモルだけ供給数が多いからです。

lawson-beer1

お試し引換券祭でビールを取るポイント

表を見てもらえば分かる通り、3大ビールは1日目に終了しています。
プレモル(350ml)だけギリギリ日をまたぎましたが、夜中の1時に「残りわずか」、朝にはもう終了していたので1日目が勝負と言って良いと思います。

なので、1日目に取れるだけ取るのがお試し引換券祭のビール戦争のポイントです。1日目でたくさんビールを取るには以下の点を意識してみましょう。

dとpontaを使い分ける

散々言われてることなので今更ですが、アプリでお試し引換券を予約する場合はdポイントカードとpontaポイントカードを両方登録することで、それぞれ3つづつの商品が予約ができます。

ビールで言えばdポイントでヱビス・黒ラベル・プレモル。pontaポイントでもヱビス・黒ラベル・プレモル。こうすることで一気に6本のビールを予約できます。アプリに片方のポイントカードしか登録していない人は両方登録しましょう。

お試し引換券祭の予約は1日に何度でもできる

お試し引換券のアプリ予約は3商品までしかできませんが、購入した瞬間に予約BOXから消えて新たに3商品の予約ができるようになります。これは1日の回数制限がないので、1日に何回でも予約→会計→予約→会計のサイクルを繰り返すことができます。

ただし、同じ商品は1日1回しか予約できません。最初にヱビス・黒ラベル・プレモルの500mlを予約したら、同じヱビス・黒ラベル・プレモルの500mlはもう予約できないので、350mlやバドワイザーなど他の商品を予約する必要があります。

1日に何本もビールを取る場合、ローソンで予約したビールを引き替えたら外に出て再度予約→引き換えを繰り返せば、1日で大量のビールがゲットできます。その時にまだ在庫が残っていれば&すんなり予約できれば、の話ですが…(私は2店舗行ったところで諦めましたw)。

lawson-beer2

予約のタイムリセットを把握する

さきほど「同じ商品は1日1回しか予約できない」と書きましたが、この「1日」は24時間ではありません。0時にリセットされます。夜の20時にとある商品を予約しても、0時になればまた同じ商品が予約できます。

ただし、同じ商品は2つ予約できないため予約BOXに同じ商品が残っていれば当然予約できません。また予約BOXの枠(3商品まで)も変わらないので、まだ引き換えてない商品があればその分予約できる枠は少なくなります。

予約した商品は0時までに全て引き換えておき、0時のタイミングでまた好きな商品を予約しましょう。

お試し引換券祭のビール争奪戦は過酷ですが、50ポイントでビールが買えるのはとってもお得!アプリの予約を使って、上手にトライしてみてくださいー!